疲れを感じないことは危険です

何かと気ぜわしくなる時期となりましたね。

あなたはちゃんと疲れを感じていますか?

体を動かすと疲れたなぁと実感しますよね。

一方、体を使わずに大きな仕事、責任のあることをして、充実感で疲れを感じないことがあります。

でも、疲れを感じていなくても、脳は疲労しています。

疲れを感じていないからと、ジムでトレーニングをしたり、飲み会に行ったりすると、さらに疲労を蓄積させてしまうのです。

疲れたと感じれば、体を休めることでしょう。

でも、疲れを感じていなければ、体を休めないため、体に大きな負担をかけてしまうのです。

そこで、疲労を回復させるには睡眠です。

しかも、ダラダラ長時間横になるのではなく、質の高い睡眠。

寝る直前のアルコールは、睡眠の質の低下につながります。

鍼灸も睡眠の質を高めるために、お役に立てるんですよ。

鍼灸を経験したことがない方は、ぜひ一度鍼灸もお試しください。

忙しい年末年始だからこそ、睡眠の質を高めて、気づかない疲労を回復させてあげましょう。

PAGE TOP ↑