胃腸の調子を整える体操

セロトニンには、食欲を抑えるという役割があります。

日照時間が短くなると、セロトニンというホルモンの分泌が減るといわれています。

この時期つい食べ過ぎてしまうのは、イベントもたくさんありますが、ホルモンの関係でもあるといえるでしょう。

そして、この時期は自律神経が乱れがちなので、胃腸の機能も低下気味となります。

だからこそ、胃腸の調子を整えるよう心がけることが大切です。

胃腸の働きをよくする簡単な体操をご紹介します。

まず、肋骨の下に手を入れます。

次に、鼻から息を吸いながら、5秒ほどかけながら、ゆっくり上半身を反らせます。

そして、口から息を吐きながら、5秒ほどかけてゆっくり背中を丸めるように、上半身を前に戻していきます。

これを5回ほど繰り返してください。

また、鍼灸も自律神経を整え、胃腸の働きをよくしてくれる施術です。

胃腸の働きをよくする体操と、鍼灸で、イベントの多いこの時期の胃腸のケアもしてあげてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました