首どれくらい回りますか?

寝違えて首を回せないという方が、鍼灸を受けに来られます。

首や肩のコリがひどくなると、痛くて回せなくなります。

でも、痛みがなくても知らないうちに、首の回せる範囲が狭くなってる方多いんですよ。

特にストレートネックになっている方は、首の可動域が狭くなりがちです。

首の回せる範囲が狭いと、今は痛みがなくても、寝違えたり、コリがひどくなって痛みやすくなります。

肩こり首こりの自覚をしていれば、対処されるのですが、自覚がないまま過ごすと、頭痛や吐き気、めまいなどの症状になることも。

では、あなたの首の動きを確認してみてください。

背筋を伸ばし、肩を動かさず首だけ回して後ろを見てみてください。

どれくらい見えるでしょうか?

見える範囲が狭ければ狭いほど、首の回りが狭くなっています。

首や肩のストレッチをして、こまめに確認しておくことで、首こりや肩こり、寝違えを予防できますよ。

また、鍼灸をしてあげると首の可動域が広がります。

ぜひお試しください。

PAGE TOP ↑