首こりのセルフケア

首こりでお悩みの方は、たくさんおられることでしょう。

そして、肩こりのある方は、同時に首が凝っているものです。

背中にある僧帽筋や首にある他の筋肉が疲労して、首のこりや痛みにつながるのです。

また、首には頸椎という七つの骨が重なって頭を支えています。

頸椎の間にクッションのように椎間板というものがあります。

それが変形して、周囲の組織が損傷して痛みとなることがあります。

このような状態になる大きな原因は、やはり悪い姿勢といえるでしょう。

スマホやパソコン、車の運転など、常に前かがみの姿勢になりやすく、首が前傾すると首こりにつながるのです。

首が凝ったら、押したり揉んだりしたくなるかと思います。

押したり揉んだりするのは、血流がよくなり、一時的には緩和しますが、日ごろから次のような運動をしてみてください。

まず、軽くあごを引いて、背筋を伸ばしてみてください。

次に、あごを引いだ状態で、首に力を入れて後ろに引きます。

しっかり引いたらゆっくり戻してあげましょう。

このような運動をこまめにすると、首のこりは楽になります。

また、首こりには鍼灸も効果的です。

なかなかセルフケアで首こりが改善しないという方は、ぜひ一度お試しください。

カテゴリー
PAGE TOP ↑