どんな人が肩こりになるか

肩こりでお悩みの方はたくさんおられることでしょう。

そのいっぽうで、肩こりをしらないという方が存在します。

では、肩こりになる人とならない人の違いはどこにあるのでしょうか?

肩こりを感じやすい人は、筋肉の量が少ない傾向にあります。

筋肉の量が少ないと、筋肉が披露しやすかったり、血流が悪くなりやすかったりします。

コリは筋肉の疲労や血流の悪さに関係するので、筋肉の量が少ないと肩こりを感じやすくなります。

そして、脂肪のつきすぎの方も肩こりになりやすい傾向にあります。

脂肪がつきすぎると、血行が悪くなり、肩こりにつながります。

また、なで肩の方も肩こりを感じやすくなります。

なで肩だと、首の付け根から肩への傾斜が急になります。

すると、腕を使うと肩の筋肉に負担がかかります。

それが肩こりに関係するのです。

肩こりになりやすい傾向に該当する方は、コリをためないように心がけることが大切です。

鍼灸は血流をよくするため、肩こりを解消するお手伝いができる施術です。

肩こりでお悩みの方は、ぜひ、鍼灸をお試しください。

PAGE TOP ↑