悪循環を断ち切りましょう

寒くなり体が冷えると、血流が悪くなって肩こりを感じやすくなります。

でも、単純な肩こりは自然と解消されるものです。

たとえば、しばらく上を見上げたときに感じる一時的な肩こりは、見上げるといった肩こりになる原因をやめれば、自然に緩和してきます。

ところが、一日に何度もうつむいてスマホを長時間見るなど、肩こりの原因となることが、いつまでも続くと肩こりは慢性化してしまいます。

ストレスや運動不足、悪い姿勢が長い年月続くことで、肩こりは慢性化してしまいます。

長い間、肩の筋肉が緊張していると、血流が悪くなり、疲労物質が溜まりやすくなります。

そして、コリを感じるようになり、コリ感が脳に伝えられ、ストレスを感じるようになります。

ストレスを感じると、筋肉が疲労しやすくなり、血流が悪くなり、疲労物質が溜まりやすくなるという、悪循環から抜け出せなくなります。

こうした肩こりは、非常に頑固なものとなり、治りにくくなってしまいます。

また、慢性的な肩こりは、疲れやすい体となるだけでなく、ほかの部分にも悪影響が及ばされます。

そんな肩こりの悪循環を断ち切るのに、鍼灸はお手伝いができる施術です。

鍼灸で肩こりの悪循環を断ち切り、生活習慣を見直して、肩こりを改善させませんか?

PAGE TOP ↑