肩こりの原因は深い場所にあり

今年は暖冬のようですが、それでも寒くなってきましたよね。

寒くなってくると、肩こりを感じやすくなるものです。

もしかしたら、あなたもしつこい肩こりでお悩みではないでしょうか?

肩こりがひどくなると、頭痛がしたり吐き気なんかも感じることがあります。

そんな肩こりを解消しようと、マッサージを受ける方も多いことでしょう。

でも、マッサージをしてもらっても、効果がなかなか長く続かなくて困っているのでは。

また、時にはもみ返しになって、さらに辛くなってしまうことがあるかもしれません。

一昔前は、肉体労働などで大きな筋肉を使い肩こりが起きていました。

今は、同じ姿勢を長時間続けて、パソコンやスマホなどで小さな筋肉を酷使させてしまいます。

小さな動きが積み重なって、肩の深いところの筋肉が硬くなってしまい、頑固な肩こりとなってしまうのです。

深い場所が凝り固まってしまうと、マッサージをしてもなかなかほぐれず、少しこりが和らいでも、またすぐにこりができやすくなります。

深く凝り固まった筋肉をほぐす体操をご紹介します。

まず、左手の人差し指から小指までを使い、指先をひっかけるように、右肩の肩甲骨の上のほうをつかみます。

次に、右肩をつかんだまま、右腕を後ろから前に回します。

このとき、右ひじは曲げて大きく円を描くようにして、10回ほどまわします。

後ろましが終われば、前にも10回ほど回します。

左も同じように行ってください。

また、肩こりがきつい方は、鍼灸もお試しください。

深く凝り固まった筋肉を、鍼で直接刺激し、お灸で温めて血行をよくすると、肩こりがすっきりと緩和されますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました