体を動かして肩こり解消

肩こりは、多くの人が悩まされているのではないでしょうか?

長時間仕事でパソコンの画面を見たり、細かい文字見るなどして目を酷使すれば、肩が凝ってしまうのも無理ありません。

肩こりになってしまうのは、血行が悪くなってしまうことが原因だといえます。

血液は体全体をめぐるので、たとえ肩だけほぐしても、肩こりはなかなか解消できません。

肩をほぐすだけでなく、しっかり筋肉を動かしてあげることで、全身の血行をよくして肩こりを解消させることが近道です。

肩こりを解消させるための簡単な体操をご紹介します。

まず、胸を開いて足を肩幅に開いた状態で立ちます。

立っているときは、足の裏や指が地面にしっかりついているのを感じてください。

次に、後ろで両手をしっかり組みます。

このとき手を組むことがつらい方は、両手でタオルの端を持ってください。

そして、腕を組んだ状態で、頭を前に倒して前屈していきます。

前屈するとき、膝の裏をしっかり伸ばしてください。

この体操を習慣にすると、肩こりが緩和されるだけでなく、胸が開くようになり呼吸がしやすくなりますよ。

また、肩がこって仕方がないという人は、鍼灸もお試しください。

鍼やお灸をしてあげることで、全身の血行がよくなり、肩がスーッと軽くなりますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました