夏バテしてませんか?

心休堂の牟田です。

毎日、暑い日が続いてますね。

夏ですから暑いのは当たり前ですが、つい「暑い」という言葉が出てしまいますね。

夏バテしてませんか?

夏バテしてませんか?

体がだるかったり、疲れやすかったり、集中力がなくなったり、食欲がなくなるといった夏特有の慢性的な疲労。

なぜ起こるのでしょうか?

私たちの体は、体温が36から37度くらいが活動しやすくなるといわれています。

夏のように暑い日が続くと気温が上がり、体温も上がります。

すると、体は汗をかいて体温を下げようとします。

そのとき、体内の水分と一緒にミネラル分も大量に体の外に出してしまい、疲労感が生じてしまいます。

そして、暑いと消化機能が低下してしまうので、栄養の吸収がうまくできなくなります。

また、暑いと冷たいものが欲しくなりますよね?

冷たいものを過剰に摂取すると、胃腸が冷えてしまい、さらに消化機能の働きは悪くなってしまうのです。

暑いと冷房が必要になりますが、冷房が強すぎたり、冷房の利いた部屋と暑い屋外を行き来すると自律神経が対応できなくなります。

このようにして夏バテといわれるものになってしまうのです。

では、夏バテしないためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、栄養のバランスがとれた食事をきちんと摂ること。

そして、十分な睡眠。

さらに、適度な運動をして体力を維持すること。

あれ?昨日の記事と同じですよね?

そう、健康的な生活を心がけることが、夏バテ対策にもなるということです。

夏バテ対策といって特別なことは何もありません。

すでに、体がだるいとか疲れやすい、集中力がなくなった、食欲が無いなどの症状があれば、鍼灸をお試しください。

これらの症状は病院に行ってもおそらくはっきりとした原因が見つかることなく、異常なしと診断されるでしょう。

鍼灸ははっきりとした異常に対して施術するだけでなく、なんとなく体の調子が悪いといったことを改善させるために施術を行います。

お気軽にご相談ください。

PAGE TOP ↑