体の冷えを改善して夏太りを予防

昨日、空を見上げるとウロコ雲というのでしょうか、そんな感じの雲だったので、思わず写真を撮ってしまいました。

梅雨はどこ行った?というような感じの空でした。

でも、今日はあいにくの雨。やっぱり梅雨ですね。雨は嫌でも降ってもらわないと困るし。。。

さて話は変わって、体の冷えも夏太りの原因となります。

暑い季節になると、冷房を使用しますよね。

暑さ対策に冷房を使用していただきたいのですが、必要以上に温度を低く設定していませんか?

そして、暑いからといって湯船に浸からずシャワーで済ませてしまうでしょう。

すると、体の血流が悪くなり、便秘などにもなりやすく、体の代謝がわるくなります。

こうして冷え性な体になると、太りやすい体ができあがるのです。

また、暑いと冷たい飲み物や塩分が欲しくなるでしょう。

水分や塩分を大量に摂取すると、たくさんの水分が体に残りやすくなります。

大量の水分が体に残ると、むくみを引き起こしてしまいます。

夏太りは体のむくみということもあるのです。

だから、体を冷やさないようにしてあげることが、夏太り予防となります。

暑いからといってシャワーで済まさず、きちんと湯船に浸かる習慣を維持してください。

湯船に浸かると、内臓を温めることにもなり、自律神経の乱れを整えてくれ、基礎代謝を上げるように調節してくれます。

お湯の温度は39度くらいで、15分ほど浸かると、血液の循環がよくなり、体が温まります。

湯船に浸かるとのぼせるという方は、首や手首を冷やすようにするとのぼにくくなるでしょう。

どうしても湯船に浸かれないというときは、40度ほどのお湯に足首まで入れて、15分ほど足湯をすると体が温まります。

このように冷えを解消することが、夏太りの予防となります。

体が冷えやすいという方は、鍼灸をお試しください。

鍼やお灸をしてあげると、冷えやすい体が、徐々に冷えにくい体へと改善されていきますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました