この時期だから温かいものを

昨日自転車のグリップを止めている部品を紛失してしまいました。

グリップも長年使用しているので、交換時期かなと思い、新しいものに交換していただきました。

タイヤも劣化していたので、交換しようと思いながら先送りにしていたのですが、この際だからとついでにタイヤも交換してもらいました。

タイヤが新しくなったからか、なんだか自転車が軽くなったような感じがします。

さて、この時期は湿度もあがり、蒸し暑いので冷たいものが欲しくなりませんか?

でも、少し待ってください!

  • 食欲が低下している
  • 寝てもスッキリしない
  • 足がむくむ
  • 体がだるい

このようなことが当てはまる方は、冷たいものはそこそこにして、温かいものを積極的に摂るようにしてください。

上記の項目に当てはまる方は、五臓の脾というものが弱っています。

脾という臓器は湿気に弱いものです。

脾が弱ると、食欲が低下したり、寝ても寝ても眠かったり、むくんだり、だるくなるのです。

そして、夏を乗り越えるための体力がつかず、夏バテのもとになってしまうのです。

体調がよくなるまで、冷たいものはできるだけ避けるようにして、温かいものを摂るように心がけてみてください。

それでも、どうしても冷たいものが欲しくなるのも分かります。この時期はアイスクリームとか美味しいですもんね!

だから、冷たいものを摂るときは、温かい飲み物を準備して、ちょっとずつゆっくり摂るようにしてください。

また、お灸も体を温めてくれるのでいいですよ。

なんだか体がだるい、食欲が低下している、むくみがちで寝てもスッキリしないという方は、鍼灸も試してくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました