更年期はコレステロール値が高くなる

女性が更年期になると、コレステロール値が高くなります。

閉経前は、女性ホルモンがLDLコレステロールを代謝するよにしてくれていました。

ところが、閉経すると女性ホルモンの分泌が低下してしまうので、LDLコレステロールの値が高くなります。

LDLコレステロールというのは、コレステロールの一つで、悪玉コレステロールといわれます。

LDLコレステロールが高くなると、動脈硬化を促進させることにつながります。

これまで、コレステロール値が高くなかった方が、更年期に入り健康診断で、突然コレステロールが高いといわれると驚くでしょう。

今までコレステロールの値が高くなかったのは、女性ホルモンが守ってくれていたからといえるかもしれません。

閉経後の高コレステロールは、すぐに動脈硬化などのリスクがあるというわけではないようです。

糖尿病や喫煙の習慣、飲酒、運動不足などがあれば、動脈硬化のリスクを高めてしまうので、注意が必要です。

更年期に突然コレステロール値が高くなるのは、ホルモンバランスの影響による、自然な体の変化といえます。

まずは、食事や運動などの生活習慣をしっかり見直すことが大切ですよ。

ご予約方法

ネットでご予約はこちら

お電話でご予約

06-6774-2597

お急ぎの場合はお電話でお願いいたします。

セールスや勧誘のご連絡はお控え下さいます様お願いいたします。

お待たせしないご予約優先制です。

水曜日 定休
平日  9:00 ~ 20:00
土日祝 9:00 ~ 17:30

更年期
天王寺区の鍼灸院 心休堂
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました