腸内環境の整え方

心休堂の牟田です。

腸内環境を整えることで、健康を保つことができます。

そのためには、便秘対策をすることが必要です。

いろいろお薬もあるでしょう。でも、それは最終手段。

まずは、自力で環境を整えてあげることが大切です。

腸内環境の整え方

水分をたくさんとる。

便は、含まれる水分で硬さが決まります。

十分な水分だと、便が軟らかくなり腸の通りがよくなってきます。

口の中が渇いたり、尿の色が濃くなってると、水分は足りていません。

1日では1.5リットルが目安ですが、暑い日はもう少し多めにとるほうがよいです。

 

運動をする。

体を動かすと、腸の動きがよくなります。

そして、排泄する時には腹筋もある程度必要です。

運動習慣がない方は、簡単な体操をすること。

難しいことをしようと思わなくて大丈夫です。

大切なのは少しでもいいので、毎日継続することです。

 

朝食をとること。

朝は胃腸の働きが活発ではありませんが、簡単なものでも食べることで、胃腸が働くようになります。

腸に善玉菌を増やすといい環境になります。

善玉菌は、オリゴ糖や食物繊維が大好物です。

野菜や豆類、きのこ、海藻、穀類、果物などに含まれています。

一度にたくさんとるより、毎日コツコツ食べるようにしたいものです。

 

便意を感じたら我慢しないでトイレに行く。

排便のリズムを把握することが、とても大切です。

5分座っても出ないときは、一度トイレから出てください。

PAGE TOP ↑