老後の蓄え大丈夫ですか?

あれ?いつからここはお金のお話をするところになったの?と思われるかもしれませんね。

老後の生活に、蓄えておかなければならないのは、なにもお金だけではありません。

それが何かあなたはご存知ですか?

蓄えておかなければならないのは、筋肉なんです。

筋肉が減る影響は、年を重ねるごとに大きくなります。

筋肉が少なければ高齢になるほど、ちょっとした事でよろけて転んだりして、寝たきりになる可能性が高くなります。

また、筋肉が減少すると、疲れやすくなり楽な行動をとりがちです。すると、筋肉はさらに減ってしまうという、悪循環に陥るのです。

でも、筋肉を減らさないようにするため、ジムに通って鍛える必要はありません。

むしろ、ジムに通って激しい運動をすると、筋肉に負荷をかけ過ぎて筋肉を硬くしてしまいかねません。

もちろん、ジム通いのすべてが逆効果というわけではありません。

適切な運動を適度に行うことはよい結果につながります。

ただ、普通に健康的な老後を過ごすための蓄筋は、ジムなどで特別な運動をしなくても大丈夫だということです。

体を動かすことをめんどくさがらず、日常生活で積極的に体を動かしてあげましょう。

心休堂では、鍼やお灸をするだけでなく、日常生活で簡単にできる運動もお伝えしています。

ぜひ、お気軽にご来院ください。

PAGE TOP ↑