湿布の貼り過ぎにご用心!

湿布は冷やすものだと思って、気軽にたくさん貼りまくってませんか?

時々、体のあちこちに湿布を貼りまくっている方がおられます。

でも、湿布を貼り過ぎると、胃潰瘍などの副作用が起きることもあるんですよ。

湿布は経皮吸収消炎鎮痛剤、つまり皮膚から吸収する痛み止めなんです。

つまり、湿布をたくさん貼り過ぎると、強い痛み止めをたくさん服用したことと同じ状態なんです。

すると、胃潰瘍などの副作用が起こることがあるんです。

湿布をたくさん貼り過ぎると、血中の有効成分の濃度が上がってしまいます。

すると痛み止めを全身投与した状態になり、湿布を貼ったところによく効くようなってしまい、湿布が手放せなくなります。

そして、毎日毎日湿布を貼ることで、副作用を起こしやすくなってしまうのです。

つまり、あちこち痛いところにたくさん湿布を貼ったり、軽い肩こり腰痛などに毎日ダラダラと貼り続けたりすることは、体によくありません。

だからといって、湿布を使ってはいけないというお話ではありません。

湿布もお薬と同じように、用法容量を必ず守って使用しましょう。

肩こりや腰痛など湿布を貼り続けたくなるような状態なら、一度鍼灸をお試しください。

PAGE TOP ↑