痩せにくく、筋肉が落ちてくる危険

活発に活動していない安静時にも、人はエネルギーを消費しています。

これは基礎代謝といって、約二割ほどの筋肉が担っています。

運動をしていないと、筋肉の量は自然と減ってきます。

すると基礎代謝が落ちてきます。

筋肉が落ちても、同じ量の食生活をしていると、消費されないものは脂肪として体に蓄えられます。

筋肉の量が減って、肥満状態にになると、サルコペニア肥満となるのです。

サルコペニアというのは、サルコは筋肉、ペニアは減少という意味です。

サルコペニア肥満というのは、筋肉が減少した肥満ということになります。

筋肉が減ると体を動かしにくくなり、さらに筋肉の量を減らしてしまうという悪循環になります。

そして、肥満なると脳血管疾患や心疾患を発症するリスクが高まります。

想像するととても恐ろしくなりますよね。

サルコペニア肥満を予防したり、改善したりするには、適度な筋力トレーニングと有酸素運動です。

がっかりしましたか?

筋肉の減少を防いだり肥満にならないようにするには、特別な薬やサプリメントではなく、適度な運動が不可欠なんですよ。

暑さも和らぎ始めたので、軽い運動をしてみてください。

そして、運動をして疲れたら、ぜひ鍼灸を体験してみてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました