気を付けよう飲酒後の入浴

飲む方にとっては、クリスマスや忘年会、新年会など何かとアルコールを摂取する機会が増えますよね。

飲酒後のお風呂は、体によくないというお話は、すでにご存じかもしれません。

でも、特にひどい経験をしたことがない方は、気にせずお風呂に入ってることでしょう。

中には、お風呂でアルコールを抜くとか、露天風呂に浸かりながら一杯やりたい!なんて思うかも。

でも、お風呂でアルコールは抜けることはありませんし、飲みながら浸かるなんていうのは危険です。

飲酒後のお風呂が危険なのは、ヒートショックと関係があります。

ヒートショックというのは、急激な温度変化により、血圧の変動が起こり、体に負担がかかることです。

寒い時期の入浴や飲酒後の入浴は、血圧の変動が激しくなり、体の負担は大きくなります。

アルコールを摂取すると、代謝によってできるアセトアルデヒドというものが、血液の中に増えます。

すると血管が広がり、血圧が下がります。

その状態でお風呂に入ると、血圧の変化の幅が広くなり、体に負担がかかり危険が高まります。

さっぱりして寝たいという方は、湯船につからずぬるめのシャワーをするといいでしょう。

ぬるめのシャワーは体への負担が軽くなります。

お風呂に入るのは、アルコールが抜けた後にすることが、危険を回避することにつながります。

PAGE TOP ↑