硬い場所をストレッチ

前屈をして、自分は体が硬いと思っていませんか?

柔軟性をみるとき、前屈をして足や床に手が届くかを確認することが多いと思います。

そして、手が足や床に届かないと、体が硬いと判断してしまいがちです。

でも、それって、お尻や太ももの裏の筋肉が硬いだけなんです。

ひょっとしたら、他の場所は十分柔らかいかもしれませんよ。

前屈で手が足や床に届かないからといって、全身が硬いということではありません。

柔軟性が低い方は、硬い場所と柔軟な場所の差が激しいということなのです。

全体的に柔軟性があるとケガをしにくく、動きも滑らかになるので、より健康的な生活が送れます。

だから、どこが硬くなっているかを知って、硬い筋肉をストレッチして柔らかくすることが大切なんです。

体が硬いと自覚されてる方が、ストレッチをするとなると、痛くて辛いものを想像されるかもしれません。

でも、そこまで頑張る必要はありません。

体が硬いなと感じる部分を、伸びて心地よいと感じるくらいのストレッチで大丈夫です。

他の方がみて、全然伸びてないと思われてもいいんです。

無理せず心地よい筋肉の伸びを感じながら、ストレッチを続けることが大切ですよ。

鍼灸をすると、血流がよくなり筋肉をほぐしてくれるので、柔軟性を高めるお手伝いができます。

ぜひ、鍼灸もお試しくださいね。

PAGE TOP ↑