しっかり自分の足で歩けるように

若いときは歩くことは、当たり前で難しく感じることはないでしょう。

それがだんだん、歩くことが億劫になり、気が付いたら、少し歩くのも辛くなります。

そして、年だから仕方がないと思うようになります。

人はみな年を重ねて老いていきます。

だからこそ、足の筋肉を健康に保つことが大切なのです。

足を健康に保つ簡単な体操をご紹介します。

まず、椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばして、両足は軽く肩幅に開いて座ります。

次に、片足の膝をゆっくり上げます。

このとき、背筋は伸ばした状態をしっかり維持してくださいね。

そして、ゆっくり下ろして、反対の足を同じように上げます。

左右10~20回ほど繰り返してください。

足をあげるときは、呼吸を止めないように気を付けてくださいね。

この体操は、太ももと骨盤に関係する筋肉をほぐして、関節の動きを滑らかにしてくれます。

体操を続けると、体全体が安定してきて、歩きやすくしてくれます。

無理は禁物ですが、足を高く上げるほど、腹筋の運動にもつながりますよ。

PAGE TOP ↑