歩き方が重要です

健康のために、手軽にできる運動といえば歩くことです。

だから、運動不足解消にウォーキングからやろうという方も、おられることでしょう。

ただ、体のためにウォーキングをはじめても、歩き方がよくなければ、膝や腰などを痛めることにつながります。

反り腰や猫背のままウォーキングをすると腰や首に負担がかかり、腰痛や肩こりをおこしやすくなります。

前かがみ気味で歩くと膝に負担がかかります。

歩く時の姿勢がよくないと、せっかく健康のためにウォーキングをしても、体を痛めることになるのです。

歩くときに姿勢を正すためには、日ごろから意識をすることが大切です。

姿勢を正すだけでも、腹筋や背筋を鍛えることにつながるので、腰痛や肩こりの予防にもなります。

また、鍼灸の施術は血流をよくして、筋肉をほぐしてくれるので、施術後は姿勢を整えやすくなります。

姿勢を見直して元気に年末年始をお過ごしください。

PAGE TOP ↑