筋トレは休みが必要です

筋肉は活動していくうえで、大きな原動力になります。

筋肉をしっかり動かしてあげると、代謝がよくなり、余分な脂肪がなくなり、元気な体となります。

筋肉をつけるために、筋トレをして筋肉を壊すと、さらに筋肉が強くなるというような話があります。

筋肉を壊すといっても破壊するというようなものではなく、基本的には筋肉の繊維が乱れる感じです。

筋肉の繊維がブチブチきれたり、ボロボロになったりするものではありません。

もし、ブチブチ切れたり、ボロボロになれば、筋繊維は壊死してしまい、アミノ酸に分解され次の筋肉の材料になったり、尿とともに体外に出たりします。

そして、壊死した場所は、10日から2週間ほどで筋繊維が再生されます。

筋トレをして、疲労回復しない間に筋肉が壊れるようなトレーニングを続けると、筋肉の繊維が多くなり、硬い筋肉になってしまいます。

硬い筋肉は、力を入れてもゆるめても硬さがあまり変わらず、いい筋肉とはいえなくなります。

筋肉痛で動くのがつらいというときは、無理してトレーニングをせず、休むことが大切です。

そして、筋肉痛がひどくならないようなメニューにするようにしてください。

もちろん、軽い筋肉痛であれば、筋力アップには重要です。

あきらかに動くことがつらいほどの筋肉痛は、酷使しすぎてますので、しっかり休んで回復させてあげましょう。

酷使した筋肉痛を和らげるために、鍼灸はお手伝いができる施術です。

筋トレで頑張りすぎたというときは、ぜひ、鍼灸で疲労回復してみてくださいね。

PAGE TOP ↑