下肢静脈瘤を防ぐ

足の静脈に血がこぶのようにたまるものが、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)といいます。

多くの方が、この下肢静脈瘤で悩まされているといわれています。

血液が逆流しないように、静脈の血管の中に弁があります。

この弁は一度壊れてしまうと、元に戻りません。

そして、一つの弁が壊れてしまうと、血液が逆流して、さらに下の弁に負担がかかるようになります。

それが繰り返されて、足がボコボコとなってしまうのです。

静脈の弁は何十個もあるので、一つが壊れたとしても、すぐに下肢静脈瘤となるわけではありません。

ところが、自覚症状がないうちに徐々に進行して、静脈瘤の症状が現れるようになるのです。

下肢静脈瘤を防ぐためには、足の静脈の血液を、きちんんと心臓に向かうよう流してあげることが大事です。

足の血液を心臓に向けて流すには、ふくらはぎをしっかり働かせることが大切です。

また、体重の管理も重要です。

体重増加は足の血流を悪くする原因につながるのです。

下肢静脈瘤を防ぐための簡単なセルフケアをご紹介します。

まず、ふくらはぎの筋肉を、上に向かってマッサージをします。

そして、足のつま先を上げたり、下げたりします。

さらに、寝転がって、両足を上げブラブラさせます。

寝るときは、足先が楽な感じになるよう、足を上げて寝てください。

また、鍼灸は血行をよくしてくれる施術です。

心休堂では、コロコロ転がすお灸を足にすることができます。

これが温かくてとても心地よいお灸なんですよ。

ぜひ、下肢動脈瘤予防に鍼灸の施術もお試しください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました