今より10分多く動かす

日ごろ運動をしない人が、いきなりランニングや筋トレ、ストレッチをしようとしても長続きしませんよね。

歩くことも運動だと思ってウォーキングをしても、三日坊主なんてことはよくある話。

運動習慣のない方が運動不足解消のために運動をするのは、背伸びをしないことが大切です。

「+10(プラステン)」という言葉をご存じでしょうか?

今よりも10分だけ多く元気に体を動かしましょうと、厚生労働省が進める運動です。

厚生労働省

アクティブガイド -健康づくりのための身体活動指針-

いきなりハードな運動を生活に取り入れるのは誰もできませんし、体の故障の原因になります。

それよりも、生活の中に取り入れやすい運動を軽く行うほうが、継続しやすくなります。

「+10」には生活習慣病が3.6%、がんの発症が3.2%低下できるというエビデンスがあるようです。

さらに1年間継続すると体重が1.5~2kg落ちるようです。

人それぞれ取り組みやすいものは違うと思いますが、まずは1日10分だけウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。

10分のウォーキングは、歩数にすると個人差はあるのですが、約1,000歩といわれています。

ウォーキングが日課になったら、少しきついかなという速度で歩く時間を増やしてみてください。

たったこれだけのことでも、徐々に体の調子がよくなってくることを実感できますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました