熱中症予防だけじゃない

連日暑い日が続いていますね。

熱中症予防にこまめな水分補給をしましょうという話を、さまざまなところでされています。

このこまめな水分補給は、熱中症予防だけでなく、脳梗塞を防ぐことにもつながります。

脳梗塞は、脳の血管に血液の塊が詰まって、血流が悪くなり脳の組織が機能しなくなる病気です。

脳梗塞の兆候としては、顔が片側に下がってゆがんだり、片方の腕があがらなかったり、ろれつが回らなくなるということがあります。

どれか一つでもあれば、すぐに救急車を呼んでください。

そして、夏になると脳梗塞は増える傾向にあります。

それは、暑くて大量の汗をかき、血液の中の水分が不足しがちになります。

すると、血液がドロドロとして、血栓という血の塊ができやすくなるのです。

つまり、脱水が脳梗塞の原因になるのです。

だから、水分補給をするということは、脳梗塞を予防することにもなるわけです。

この時期、お酒を飲む方はビールが美味しく感じるかもしれません。

ビールだけではなく、何かと飲む機会が増えることでしょう。

アルコールは利尿作用や発汗作用があるので、飲んだ時は水分を摂取することが大切です。

こまめな水分補給は、熱中症予防だけでなく、脳梗塞の予防にもなりますよ。

PAGE TOP ↑