廃用症候群ってご存知ですか?

心休堂の牟田です。

バランスボールを椅子代わりにして、1ヶ月ほどになるでしょうか。今までの椅子に座るとすごく楽なんです。

すごく楽だということは、通常の椅子だとあまり使っていない筋肉を、バランスボールに座ってるだけで、自然と体を支えるための筋肉を使ってるんだなと改めで実感しました。

私たちの体は、使わなければ機能がどんどん低下していきます。

廃用症候群というのは、体を使わなくなってしまったために、あらゆる面で体の機能が低下してしまうことです。

機能が低下してから何か対策を考えるよりも、低下するスピードを遅らせるようにすることのほうがとても簡単です。

体を動かす習慣がなかった方が、何か運動を始めるということは難しいことだと思います。でも、特別な運動をしなくても、とにかく体を動かすことを意識することが大切です。

心休堂では施術をしながら一緒にどんなことをすればいいのかを考えて、お伝えしています。

ぜひ、今から体を使うことを意識してみてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました