痛みの悪循環を断ち切る!

心休堂の牟田です。

痛みが発生しているときは交感神経が興奮しているので、抹消の血管は強く収縮します。

また運動神経も興奮状態にあるので、筋肉が硬くなり血管を圧迫してしまうので、血行不良になります。

そのため痛みの物質が溜まってきて、痛みを強くしてしまいます。

そして、痛みがあるので、体を動かさなくなり、血流が悪くなります。すると、痛みの物質がさらに溜まってしまいます。

これが痛みの悪循環です。

鍼やお灸をすることによって、交感神経の興奮を落ち着かせ、硬くなった筋肉をほぐし、血流をよくすることで、痛みの悪循環を断ち切るのです。

PAGE TOP ↑