安静が一番ではないこともあります

心休堂の牟田です。

何か痛みがあるときは、安静にするのが一般的な考え方です。

しかし、全てにおいて安静が一番よいとはいえないケースがあります。

関節が動く範囲を可動域といいますが、可動域の限界を超えた動きをすると痛みがでます。

指を反り返らせすぎると痛みますよね?それは、痛みを出すことによって、それ以上に曲げると危険ですよという体からのサインです。

本当ならば曲がる範囲でも動かさないことによって、筋肉が硬くなり、関節の可動域が悪くなってしまうと、指の反り返しと同じように痛みを出します。

可動域が悪くなってしまったことで、体は危険だと勘違いして本来曲がるはずのものでも、痛みを出して動かすのが辛くなってしまいます。

この場合は、痛いからこそ動かさなければなりません。

動かすことによって、関節の動きがよくなり、体を動かすことが楽になるのです。すると痛みは消えます。

ただ、急激に無理やり動かすとさらに悪化させるので、きちんと専門の方に指示を受けながら動かしていきましょう。

心休堂では、鍼とお灸をして筋肉を和らげ、痛みを抑え、体の動かし方をお伝えしています。痛みがあるようでしたら、お早めにご相談ください!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました