痛みは命を守る警報機

心休堂の牟田です。

長い連休も過ぎれば、あっという間ですよね。

連休であちこち出かけて、腰が痛いとか足が痛いなんて方もおられるかも。

痛みって誰もが感じたくないものですよね?

痛みは命を守る警報機

でも、痛みはとても大切な感覚なんです。

痛みがあるから、人は守られてるということがあります。

痛いのに守られてる?!

それは、なぜでしょうか?

人は痛みを感じることで、体の異変に気づくことができます。

体に異常があるということを教えてくれる警報機なんです。

まったく痛みを感じない病気があります。

無痛無汗症(むつうむかんしょう)。

文字通り、痛みを感じることなく、汗もあまりかきません。

だから、骨折や考えられないようなひどい怪我を頻繁にされます。

とても大変な生活だと思います。

私たちは、痛みを感じるから命が守られているといっても過言ではないでしょう。

だから、安易に痛み止めの薬で誤魔化さず、なぜ痛いのかを考えることが大切です。

もちろん、どうしてもやらなければならない事があり、痛み止めが必要なこともあるでしょう。

その時は迷わず痛み止めを服用してください。

そして、やらなければならない事が終われば、きちんと痛みと向き合うようにしてください。

鍼灸は痛み止めの薬とは違います。

痛みを止めながら、原因となるものを見つけるための施術です。

なにか痛みを感じたら、一度受診してみて下さいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました