急な痛みは

急な痛みがでたら、最初にするべきことは、何でしょうか?

それは、安静にするということです。

ひねったり、ぶつけたりといった原因があるかもしれないし、特に思い当たることがないかもしれません。

それでも、痛みがあるときは、まずは安静にしてください。

時々、自己流で痛む場所を引っ張ったり、揉んだりする方がおられます。

でもそれは、かえって悪化につながることがあります。

もし、激しく痛んで腫れや熱っぽい感じがあれば、炎症が起きているかもしれません。

そんなときは、タオルを当てて氷嚢で冷やしてあげてください。

もちろん、可能な限り患部を動かさないようにすることが大切です。

痛みが軽く熱っぽくなければ温めて血流をよくしてあげるといいでしょう。

そして、そのまま放置するのではなく、どのような状態かを確認するために、医療機関には受診してください。

痛みが激しくない方は、放置する傾向にあります。

でも、長期間続いていたり、徐々に悪化しているという感じがあったり、ほかの場所に何かしらの症状があれば、医療機関に行くようにしてください。

医療機関に行く前に、いつ痛み始めたか、どのようなきっかけだったか、痛む場所はどこで、どんな感じで痛むのかをメモして伝えると、適切な処置を速やかにしてもらえやすくなります。

そして、特に大きな問題がなければ、鍼灸もお試しください。

鍼灸は痛みを緩和させることがお手伝いできる施術です。

PAGE TOP ↑