慢性的な痛みへの対応

肩こりや腰痛など慢性的な痛みでお悩みの方は多いことでしょう。

慢性的な痛みがあると、日常生活を思うように過ごすことができず、絶望するような気持になる方もおられます。

慢性的な痛みを薬で治療をしても、改善しないということも多々あります。

いろいろ治療を試みてもいつ完治するのか分からず不安になり、不安を感じると痛みに対して敏感になります。

すると、動くことをためらうようになり体が固まり、さらに活動が消極的になって、痛みを感じやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

この悪循環を断ち切るためには、痛みに対する捉え方を変えることが大切です。

そして、動かせる範囲で運動を取り入れることも大切です。

体を動かすとき、痛みを完全に無くすことを目標にしないよう心がけてください。

痛みがあってできなかったことが、またできるようになったということを実感することが大切です。

痛みを感じ始めたら休憩をとるなど、体を動かすためのコツをつかみ、対応できるすべを身につけることが重要です。

これらを一人で行うのはなかなか難しいかもしれません。

心休堂では痛みを緩和させるための鍼やお灸をするだけでなく、どのような運動が効果的か、慢性的な痛みと付き合うすべを、一緒に考えていきます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました