鍼灸を保険で受けるには

心休堂の牟田です。

当院では保険も取り扱っております。

次の病気については鍼灸治療は保険対象となります。

神経痛…例えば坐骨神経痛など。

リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。

腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。

五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。

頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。

頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

その他これらに類似する疾患など。

保険で鍼灸を受ける場合以下の手順が必要になります。

まず、心休堂にて「同意書」という用紙をお渡ししますので受け取りに来てください。

そして、同意書を医院、病院等に持参されて必要事項を記入していただいてください。

記入済みの同意書、保険証と印鑑を当院に持参して頂ければ治療開始となります。

鍼灸の保険適用につきましては、次ぎの事項にご留意下さい。

その病気は、先に医師の治療を受けていること。

保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療は受けられます。

最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、3ヶ月毎に再度、同意が必要です。但し、再度の同意は同意書に記入してもらう必要は無く口頭で結構です。

手続きは非常に面倒だと思います。それは私も痛感しているのですが、これらは心休堂だけでなく鍼灸を保険で受けるには、決められたルールです。

時々、同意書などの手続き無しに受けることができるのに・・・と言われますが、鍼灸の保険治療においては同意書が必要です。もし同意書なしで受けることができるなら、ルール違反をしているかもしれませんね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました