鍼灸をするとどうなるの?

心休堂の牟田です。

鍼灸をおこなうとどのようになるのでしょうか?

鍼灸

鍼灸を受けると、内臓の働きを高め、自律神経を調整してくれます。

例えば、血圧の高い人は低く、低い人には高くするというように、ちょうどいい状態へ調整してくれるのです。

この効果は、日々症状が変化する方に最適な治療法といえるでしょう。

そして、鍼やお灸を受けた後、脳の中のエンドルフィンという物質が分泌されます。

すると、痛みが鎮まり体が軽くなります。

エンドルフィンは、自前の副作用のない薬ですので、自然治癒力を高め、精神安定作用が期待できます。

さらに、鍼やお灸をした患部の血管が拡張し、病んだ部位に優先的に血が集まります。

すると血行がよくなることで、損傷した組織や器官の治りが早くなります。

未体験の方は鍼灸と聞けば、痛そう熱そう、怖いといった感じになるかと思います。

しかし、鍼灸は体を痛めつけるために行うものではありません。

また、痛ければよく効くとか熱ければよいといったものではありません。

あなたにピッタリ合う刺激で施術を行うことが、もっとも効果があるのです。

施術のたびにいろいろお伺いいたします。

どうぞお気軽にご来院ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました