ぐっすり眠るために

ストレス解消には睡眠がとても大切です。

でも、なかなか眠れないというお話を聞くことがあります。

そんな方は、布団に入ってから、早く寝なければと、気持ちが焦っている傾向があります。

なかなか眠れないときは、無理に寝ようとすると、余計眠ることができなくなります。

だから、眠れないときは、無理に寝ないことが肝心です。

布団に入って、眠れない時間が続くと、布団に入るたびに眠れなかったらどうしようと、かえって眠れなくなります。

眠れないときは、落ち着ける音楽を聴いたり、本などを読んで気持ちを落ち着けてみてください。

スマホやテレビは光が強いので、できれば避けるほうがいいですよ。

寝るために布団に入るというより、眠いから布団に入る、というほうが寝つきがよくなります。

アルコールは眠くなりますが、眠りが浅くなるので、明け方までには目覚めてしまいます。

アルコールを毎晩たくさん飲んで寝ると、不眠になりやすいのです。

快眠のためには、アルコールはほどほどにすることが大切です。

そして、鍼灸は快眠のお手伝いに役立つんですよ。

日ごろ睡眠でお悩みの方は、ぜひ、鍼灸を試してみてくださいね。

PAGE TOP ↑