休日の寝過ぎにご注意を

休日になると平日より遅く起きてしまう方が、多いのではないでしょうか。

以前は、私も休日前は夜更かしをして、休日は昼まで寝てるという日が多々ありました。

でも、これは体にとってあまり好ましくありません。

休日に遅くまで寝ていると、平日につくられた体内時計のリズムが、乱れてしまうからです。

平日と休日の睡眠時間の差が大きければ大きいほど、時差ができて時差ボケのような状態になってしまうのです。

平日と休日の睡眠の差によってできる時差ボケは、休日明けを乗り越えたら耐えられるかもしれません。

しかし、時差ボケが長年続くと、メタボや抑うつ傾向を高めてしまうことになりかねません。

休日に遅くまで寝てしまいがちの方は、平日は今より30分ほど早く寝るよう、こころがけてみてください。

そして、休日は平日より少し遅く起きるということから始めてみましょう。

すると、時差ボケが少なくなり、睡眠の質が高まりますよ。

また、鍼灸の施術も、睡眠の質を高めるお手伝いができます。

ぜひ、鍼灸もお試しくださいね。

PAGE TOP ↑