しっかり寝てますか?

健康のことを考えて、運動やストレッチなどを頑張っている方は多いかと思います。

でも、どんなに運動やストレッチを頑張っても、睡眠の質が低いとかえって疲労を蓄積させることになります。

睡眠の質を高めるという話になると、何時間寝ればいいかと聞かれることがあります。

睡眠の質には時間は特に関係ありません。

4時間で十分寝たと感じる人もいれば、8時間でも寝たりないという人もいます。

むしろ、何時間寝なければならないという考えは、プレッシャーとなり逆効果でしょう。

睡眠の質が高いというのは、寝つきをよくして、寝起きがスッキリしている状態です。

睡眠の質を高めなきゃって力むと、質の低下につながるかもしれません。

質の高い睡眠には、まず入眠が大切です。

寝つきをよくするために、自由に体全体を伸ばしてあげるストレッチをしてみてください。

心地よいくらいにストレッチをすると、余計な力が抜けてくることでしょう。

また、夕食と就寝時間は間をあけることも大切です。

寝てリラックスをしようというときに、お腹の中に何かあると、胃が消化させるために働きます。

すると、体は完全なリラックス状態とはなりません。

そして、アルコールも睡眠の質を低下させることにつながりますので、ほどほどにしてみてください。

さらに、鍼灸は睡眠の質を高めるお手伝いができる施術です。

もし、睡眠についてお悩みがある方は、一度鍼灸も試してみてくださいね。

PAGE TOP ↑