ゆるいルールで睡眠改善

  • なかなか寝付けない
  • 夜中何度も目が覚めてしまう
  • 睡眠時間が確保できない
  • 目が覚めても疲れが取れない

このように睡眠でお悩みの方は多いものです。

しっかりと睡眠が取れないと、疲れやすかったり、集中力がなくなったり、家事や仕事、学業にに悪影響を与えます。

睡眠が大事だと思っても寝ることが難しいし、考えれば考えるほど眠れなくなるかもしれないので、ゆるいルールを設定してみてください。

12時や1時に寝ることができない方でも3時までには眠りにつくよう目指してみてください。

そして、寝始めから3時間、集中して眠れたらよしとしましょう。

トータルの睡眠時間の目標が7時間なら、残り4時間をお昼休みや休憩時間など小分けにして眠るように心がけましょう。

トータルの睡眠時間は人それぞれなので、目標は違ってきます。

無理に7時間と決めなくても、6時間でも8時間でも大丈夫です。

睡眠時間がどれくらいというより、いかにしっかり眠れているかが大切です。

ルールはきっちり守るのではなく、できることを実践するように心がけてください。

また、鍼灸は睡眠の質を高めるのに効果的な施術です。

肩が凝っていたり、腰が痛かったり、体の不調があれば質の高い睡眠の妨げになります。

鍼灸を受けた方は、夜ぐっすり眠れたと言われる方がとても多いです。

睡眠でお悩みの方は、鍼灸もお試しください。

PAGE TOP ↑