理想の睡眠について

ほとんどの方は睡眠は重要だと理解していると思います。

そう、睡眠はとっても大切なものです。

ところが、睡眠への理想が高くなりすぎるのも困りもの。

夜になると寝て、朝はスッキリと目覚めるというのは最高ですよね。

でも、睡眠も調子があってよく眠れる日があれば、眠れない日もあるものです。

何か問題を抱えていると、解決するまでは眠れなくなるし、興奮する出来事があればなかなか眠れません。

だから、眠る前に一日の行動を思い返し、きちんと活動できていれば、睡眠はそこそこ問題ないといえるでしょう。

眠さなどで集中力がなくなって、日中の活動に問題があれば、睡眠の問題があるかもしれません。

睡眠へのこだわりが強すぎると、かえって質の高い睡眠から遠ざかるということが起こります。

満足に眠れていないと感じていても、必要最低限の眠りはできているものです。

日々の活動がそこそこ問題なくできているなら、週末の寝だめはあまりしないほうがいいでしょう。

ところが、疲れが溜まっているときは、休むことが大事なので、眠ることを優先して、回復させることが重要です。

疲れが溜まっていると、些細な事でも大きな問題としてとらえて、人間関係を悪くしたり、落ち込んだり、イライラしたりして、さらに疲れやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

そのため、疲れているときはとにかく眠ることを優先することが大切なのです。

いろいろな問題があり簡単には解決できないことが起こります。

その問題の解決に立ち向かうために、どんなときも簡単にできることは、眠って疲労を回復させることです。

鍼灸の施術を受けた方から、よく眠れたという感想をいただきます。

もし、疲れていて眠りたいのに眠れないという方は、鍼灸を試してみてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました