笑顔になれないときは・・・

心休堂の牟田です。

またまた、ネコの写真です。

笑顔になれないときは・・・

なんだかストレッチをしているように見えます。

さて、どうしても笑顔になれないときがあるかもしれません。

そんなときはかなりストレスが溜まっているのでしょう。

できることなら、ストレスになるものを無くしたいものです。

でも、それができれば苦労しないですよね?

では、笑顔ではなく別の方法でストレスを発散させましょう。

別の方法とは、泣くことです。

人前で泣く必要はありません。

ご自分の部屋などで、泣ける映画を見たり、泣ける音楽を聴いたりして泣きましょう。

泣くことはストレス発散にとてもよいことなんです。

大人になると何かと我慢をして、泣くこともそんなに多くないでしょう。

特に男性は、男が泣くなんて恥ずかしいと思ってるかもしれませんよね?

人前じゃなくていいんです。泣けるネタを用意して泣いてください。

泣いたら気分がスッキリしますよ。

もちろん、泣いたところでストレスの元になってるものは無くならないでしょう。

でも、ストレスをしっかり発散することで、体の調子を整えることはできます。

あなたは、いつ涙を流したのか思い出せますか?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました