ストレスに強い人弱い人

世の中ストレスがない人は存在しないと思います。

でも、ストレスで心や体を病んでしまう人と、そうでない人がいます。なぜでしょうか?

その前に、ストレスというのは、悪者のようにいわれますが、新しいことをするワクワク感などもストレスの仲間といえます。

つまり、ストレスはなんらかの刺激と考えると、悪者ばかりではありませんよね。

ストレスをどう受け取るかによって、結果が変わってくるんです。

ストレスがあっても特に病むことなくやり過ごせる方は、前向きに物事をとらえることができてるのです。

たとえば、ストレスに強い方が何かを失敗したとします。

失敗直後は落ち込むことでしょう。

でも、落ち込む時間が短く、その後次につながる課題を見つけて頑張ろうとします。

ストレスに弱い方は、失敗して落ち込み、あの時あれをしなければよかった、どうしてあんなことをしたんだろう・・・と同じことをグルグル考えて抜け出せなくなります。

結果、体や心の不調を感じてしまうのです。

とはいっても、物事のとらえ方は育った環境や性格が影響します。

でも、変えようとすれば時間はかかっても変えることができるんですよ。

前向きな考え方というのは、決して落ち込んだりしてはいけないということではありません。

常にポジティブにとらえて過ごしている人は、少ないのではないでしょうか。

落ち込んだり後悔したりしても、そこから立ち上がって、次の一歩を踏み出すことができれば大丈夫ですよ。

一人で出来ない時は、誰かに手伝ってもらうことで、徐々にストレスに立ち向かえるように変わっていくものです。

ストレスで心も体も疲れているなと感じたら、鍼灸をお試しください。

体が軽くなれば、心も軽くなり、ストレスを吹き飛ばしてくれますよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました