鍼灸で自律神経の働きを整える

ストレスのない世界なんてこの世にありません。

人は生きていると、常に何らかのストレスを受けてるものです。

明らかなストレスだけでなく、自覚していないストレスにさらされていることも多々あります。

特に思い当たることもないのに、イライラすることってありませんか?

そんな時は、自律神経の働きが乱れているかもしれません。

理由もないのに、イライラしていると、呼吸が浅くなり、脈も速くなりがちです。

この状態は自律神経でも、交感神経という活動を促す神経が活発になっている状態です。

ゆっくり休むべき状況のときには、自律神経の副交感神経というものが働き、体をリラックスさせます。

休むべき時に、交感神経が活発だと体はなんとなく落ち着かず、イライラモードになってしまうのです。

そんな時に鍼灸は、ストレスによる緊張を和らげたり、心を安定させたりするお手伝いができます。

鍼灸を受けていただくと、自律神経の乱れを整えてくれます。

そして、副交感神経の働きもよくなり、深い呼吸ができて脈も落ち着き、心が安定します。

また、なんとなく気分が落ち込んだり、やる気がでなかったり、不安に感じたりといった精神的なストレスも、鍼灸は緩和させるお手伝いができるんですよ。

自律神経の乱れは精神的なものだけでなく、睡眠にも悪影響を及ぼします。

たとえば、夜寝る前にスマホなどの強い光を浴びてしまうと、副交感神経は働かず、交感神経が活発になります。

すると寝ようと思っても寝ることができない状態になります。

この状態が続くと、眠りが浅くなったり、疲れがどんどんたまってしまい心身ともに悪い状態に陥ってしまいます。

鍼灸で自律神経の働きを整えるお手伝いをすると、質の高い睡眠が取れるようになってきますよ。

PAGE TOP ↑