自律神経の乱れを整える

ウイルスの話やそれによっていろいろなことが自粛となり、ストレスを感じている方が多いことでしょう。

そうでなくても、現代社会はストレスを感じやすいもの。

ストレスを感じると交感神経が活発になってしまいます。

そして、この時期は寒暖差や気圧の変化により、自律神経のバランスが乱れやすくなります。

自律神経のバランスが崩れると、めまいやだるさといった心身の不調を起こしやすくなります。

自律神経というのは、自分の意志とは関係なく働き、内臓などの器官を司る神経です。

緊張したり、ストレスを感じるときには交感神経が活発になります。

睡眠などでリラックスしているときには、副交感神経が活発になります。

この交感神経と副交感神経が互いにバランスよく働くことで、体は健康な状態を保てるのです。

今の時期のように、季節の変わり目は自律神経の働きが乱れやすくなり、交感神経のほうが活発になりがちです。

乱れた自律神経のバランスを整える簡単な体操をご紹介します。

肩幅に足を開いて立ち、後ろで手を組み胸を反らせます。

息をゆっくり吸いながら10秒ほどキープ。

次に、腰くらいの高さの机の前に体が伸ばせるくらいの距離で、肩幅ほど足を開いて立ちます。

そして、両手を机につき、ゆっくりと頭を下げて背中を伸ばしていきます。

今度は、まっすぐ立ち、両手を上げて手を組みます。

そのまま、横に倒して体の横のラインを伸ばします。

腰の位置が変わらず、後ろに反らないように注意してください。

このように体を動かして背骨を刺激する体操をすることで、自律神経を整えることができます。

また、鍼灸も自律神経を整えることに役立つ施術です。

なんとなく体がだるい、ストレスが溜まっているという方は、体操をしたり鍼灸を受けたりして、自律神経の乱れを整えてくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました