心が弱いからではありません

心休堂の牟田です。

日々の生活で、常に心が安定してるとはいえませんよね。

たとえば、仕事で失敗したり、失恋したりすると誰だって、気分は落ち込むものです。

でも、時間が経てば元気になります。

時間が経ってもなかなか元気にならない場合は、うつ状態です。

これも多くの人が経験することでしょう。

しかし、うつ状態が長い間続いてるなら、うつ病が発症しているかもしれません。

うつ病になると、何かをするという気分になれず、当たり前の行動すらできません。

また、肩のコリや不眠、全身のだるさなど体の症状も感じるようになります。

うつ病は「心の風邪」といわれることがありますが、現代医学では「脳の病」だと考えられています。

うつ病は心が弱いからなるものではありません。

PAGE TOP ↑