弱音を吐いて、心のデトックスを

心休堂の牟田です。

いろんな事がうまくいかないときって、ありますよね。

そんな時、あなたはどうしてますか?

弱音を吐いて、心のデトックスを

問題が根深くなればなるほど、辛い気持ちをぐっと飲み込んでませんか?

辛い気持ちになったとき、何事もなかったようにしようとしても、自然と涙があふれ、叫びたくなるものです。

頑張ろうと思っても、頑張れないときは、心身ともに疲労がピークになっています。

辛くて苦しいという感情は、休みましょう、という体からのメッセージ。

素直にその場から離れるなど、対処することができれば、人は回復するのです。

でも、頑張り屋さんは、弱音を吐いても何も解決しないと、体からの警告をなかったことにしようとします。

やがて次第に疲れ果て、弱い自分がダメなんだと、自分を攻撃するようになります。

もちろん、現実の社会では簡単に感情を吐き出す機会は、多くないでしょう。

それでも辛いという感情を認めて、上手に発散させてあげることはできるのです。

身近で信頼できる方に弱音を吐くことができれば、共感してもらうことで、心は軽くなります。

人に言えないという方は、ノートに書いたり、ドラマや映画、音楽などで感情を揺さぶることで発散させることができます。

また、鍼灸で体のケアをすることもいいんですよ。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました