うつ病になると

うつ病になると、以下のような自律神経失調症のような状態になることがあります。

  • 息苦しく感じる
  • 手足がしびれる
  • 食欲がなくなる
  • 寝てもすぐに目が覚め睡眠不足になる

うつ病が発症するのは、ストレスや環境などが複雑に関係しているといわれてます。

また、脳の中の神経伝達物質のバランスが乱れることもあります。

うつ病は自然に改善することもあるようですが、慢性化されるケースが多々あります。

うつ病が慢性化しやすい方は、次のような方が多いといわれてます。

  • 他人と自分を常に比較して、自分が劣っていると考える
  • 誰も自分を理解してくれないと考えがち
  • 完璧に物事を成し遂げたい
  • 何事も徹底的にコツコツと丁寧にしないと気が済まない
  • 単なる気分の落ち込みだけなら、数日で回復します。

ところが、うつ病は長期間にわたって続き、慢性化になるとなかなか治りにくくなります。

気分の落ち込みがなかなか回復しなければ、医療機関を受診してください。

そして、鍼灸もうつ病の緩和に効果が期待できる施術です。

ひとりで我慢せず、少しでも体の不調を緩和させ、うつ病を軽くしてあげてくださいね。

PAGE TOP ↑