軽症うつ

うつ病の症状がみられる中で、仕事や勉強、家事などを行うことができる人を、「軽症うつ」といいます。

「軽症うつ」ときけば、症状が軽いうつだと思うかもしれません。

「軽症うつ」の「軽症」は「軽い症状」という意味ではありません。

典型的なうつ病患者と比べて、抑うつ症状が目立ちにくいということです。

日常生活が、一見普通に適応できているように見えます。

適応できているように見えるため、治療が遅れて重症化するおそれがあります。

軽症うつは薬物療法が効きにくい症状です。

そのため、うつ病と診断されてしまうと、効果のない薬を処方され、副作用に苦しむということになります。

薬物療法が効きにくいからこそ、軽症うつの方には、鍼灸の施術が効果的だといえます。

うつになると、脳内ではノルアドレナリンやセロトニン、ドーパミンといった神経伝達物質が減少するといわれています。

抗うつ薬は、こうした神経伝達物質に働きかけて、うつを改善させます。

鍼灸もまた神経伝達物質が増えるという報告があります。

鍼灸は薬のような副作用が現れないので、体に優しい施術となります。

薬物療法が効きにくい軽症うつの方には、ぜひ、試していただきたい施術です。

ご予約方法

ネットでご予約はこちら

お電話でご予約

06-6774-2597

お急ぎの場合はお電話でお願いいたします。

セールスや勧誘のご連絡はお控え下さいます様お願いいたします。

お待たせしないご予約優先制です。

水曜日 定休
平日  9:00 ~ 20:00
土日祝 9:00 ~ 17:30

うつ病
天王寺区の鍼灸院 心休堂
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました