冷やすべきか温めるべきか、それが問題だ

心休堂の牟田です。

グキッっと腰に激痛がくると、冷やしたほうがいいのか、それとも温めたほうがいいのか、迷ってしまいますよね。

巷では急性は冷やす慢性は温めるといわれても、急性か慢性か自分では判断できないよ!と思うことでしょう。

腰に激痛がきたとき、あなたが腰をどこかにぶつけたり、無理なひねり方をしたりしてませんか?

腰の痛みのある部分が痛みの無い他の場所より熱っぽかったり、腫れていいませんか?

こんな時は冷やすことが大切です。冷やすことで熱を抑え、痛みを和らげてくれるのです。

もし、温めると血行がよくなって熱が増えてさらに痛みがきつくなってしまいます。

ここで冷やすというと、あなたは湿布を思い浮かべるかもしれません。でも、冷やす時には湿布ではなく氷や保冷剤などを使ってください。

腫れや熱が治まって痛みはあるけど動けるようになってきたら、温めてあげることで完治に向かいます。

ただ、ぎっくり腰で来院される方を診させていただくと、最初から温めてもよい方が多いように感じます。

家族に支えて来院される方でも、腰に強い炎症がある方はそんなにいません。

腰をひどくぶつけたりひねったりした直後ではなく、腫れや熱が腰になければ、温めたほうが治りは早くなることでしょう。

腫れや熱があるかどうか分からなければ、蒸しタオルを準備して腰に当ててみてください。心地よく痛みが緩和するようであれば、しっかり温めてあげると治って行きます。

腰痛でお悩みなら、お気軽にご連絡ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました