ぎっくり腰の痛みを軽くするには

心休堂の牟田です。

ぎっくり腰の痛みを軽くするには

ぎっくり腰になったら、無意識のうちに背筋へ力を入れて腰の背骨を反り返らせるので、痛みを強くしてしまうんですよね。

だから、ぎっくり腰の痛みを止めるためには、背筋の力を抜かなければなりません。

ただ、意識して背筋に力を入れてるのではないので、難しいものです。

でも、筋肉の仕組みが理解できると、背筋の力を抜くことが少し楽になります。

ある動作をするとき、中心となる働きの筋肉とその動きと逆に働く筋肉があります。

たとえば、肘を曲げるとき、力こぶのできる筋肉が縮みます。

そして、力こぶの反対にある筋肉が伸びます。

それぞれ別の別の働きをすることで、肘を曲げるという動作ができるのです。

ということは背筋の力を抜くためには、別の筋肉が働けばいいのです。

その仕事をするのがお腹の筋肉です。

腹筋は日ごろ意識して使うことはありません。

だから、つい弛んでしまって困る人が続出するのですが・・・。

腹筋に力が入ると、腰の背骨を後ろに押し返してくれるので、反りが軽くなります。

すると、背筋の力が抜け腰の負担が減るのです。

ぎっくり腰になったとき、コルセットをするのは、お腹の支えを助けるためです。

コルセットがすぐに準備できなければ、自前のコルセットを使って痛みを軽減させてみてください。

心休堂では、ぎっくり腰になられた方へ痛みを緩和させる動き方も施術を通してお伝えしております。

ぎっくり腰でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

PAGE TOP ↑