開脚で腰痛改善

腰痛でお困りの方は、股関節が硬くなりがちです。

股関節が硬くなるのは、骨盤が後ろに倒れて、太ももの後ろ側の筋肉が縮んでいることも影響しています。

腰痛改善に、股関節を柔らかくするためのストレッチをご紹介します。

まず、骨盤を立てて背筋を伸ばすような姿勢で、足を広げて床に座ります。

両膝は曲がっていたも問題ありません。

骨盤が後ろに倒れないよう、しっかり立てることに気を付けてください。

次に、ゆっくり膝を伸ばしていきます。

膝が伸びないなら、広げた足を膝が伸びるくらいまで狭くしてください。

手をお尻の後ろに置いて、体を支えるとやりやすいと思いますが、骨盤は後ろに倒さないよう気を付けてください。

そして、骨盤を立てたまま、上半身をゆっくり前に倒していきます。

倒せるところまで大丈夫です。

太ももの内側と後ろ側が伸びているのを感じながら、5秒ほど維持して5回繰り返してください。

気を付けていただきたいのは、大きく開脚させることが目的ではありません。

また、上半身を前にペタッとくっつけることも目的ではありません。

目的は、太ももの内側と後ろ側をストレッチすることです。

また、鍼灸は腰痛改善に役立つ施術です。

腰痛でお悩みの方は、ぜひ、鍼灸もお試しくださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました