腰痛の要因は

腰痛で悩む方は多いですね。

腰痛になる要因は、腰の動かしすぎ、動かなすぎが考えられます。

腰に負担がかかる動作を繰り返してしまうことが、動かしすぎとなります。

そして、同じ姿勢を長時間続けることが、動かなすぎということになります。

日常のちょっとした動作を気を付けることで、腰痛を予防することができるのです。

たとえば、床に落としたものを、足を伸ばしたまま腰を曲げて拾うと、軽いものでも腰に大きな負担をかけてしまいます。

腰を落として、片膝を床につけるような姿勢をすると、腰の疲労や負担は軽くなります。

また、朝起きる時、一気に上半身をまっすぐ持ち上げて起きるのも腰を痛めやすい動作です。

いちど横向きになって、腕で支えて上体を起こしたり、横向きから四つんばいになって起き上がるようにすると、腰を痛めにくい起き方になります。

つまり、腰を大きく曲げたり、反らしたりする動作を避けるようにすることが、腰痛を予防することにつながります。

座りっぱなしの人は、猫背気味になるので、ときどき立ち上がって、腰に手を当て、軽くお尻を前に押すような動作をしてください。

立ちっぱなしの方は、どきどきしゃがんで腰を前に曲げるようにしてみてください。

ちょっとした動作ですが、腰を守ってくれる簡単な運動となります。

また、腰痛でお悩みの方は、ぜひ、鍼灸をお試しください。

鍼やお灸をすると血行がよくなり、腰の痛みがスッと楽になりますよ。

カテゴリー
PAGE TOP ↑