足腰の動きをよくする体操

椅子に長い間座っていると、お尻の筋肉が圧迫されて、股関節は硬くなりがちです。

股関節まわり筋肉を動かしてあげることで、腰や骨盤の動きがよくなります。

そして、腰痛解消にもつながるのです。

では、足腰の動きをよくする体操をご紹介します。

まず、床に座り、指先は真後ろに向くよう、手のひらを床につけます。

続いて、右ひざを90度くらいに曲げて立てます。

そして、左の外側のくるぶしを、右太ももの上にのせます。

このとき、左のお尻と股関節が伸びているのを感じてください。

さらに、上半身をひざの方に寄せていくと、お尻と股関節の伸びが強くなります。

上半身をひざに寄せれるだけ寄せたら、呼吸は止めないで10秒ほどキープしてください。

反対の脚も同じように行ってください。

この体操を続けると、凝り固まった腰や骨盤の動きがなめらなになり、動きやすい足腰となりますよ。

PAGE TOP ↑